プロデルで始める日本語プログラミング言語入門(#5) 「配列」

連載5話目になりました。今回は、「配列」についてご紹介します。

配列はたくさんのデータを扱うときに便利な機能です。コンピュータは計算するための道具から始まったということは少しお話しましたが、今のコンピュータは大量のデータを一瞬で処理できます。プロデルで配列を使ってデータを処理する方法を紹介します。

この記事では、前回の記事を紹介した 「繰り返し文」をたくさん使っています。もしご覧になっていない方は、そちらから読むことをおすすめします。

“プロデルで始める日本語プログラミング言語入門(#5) 「配列」” の続きを読む
  • 続きを読みたい (0)
  • いいね (3)

プロデルの配列の添字が1から始まる話

今回は、プロデルの配列の添字が1から始まる話を書きたいと思います。プロデルでは、配列の添字が1から始まります。身近な多くのプログラミング言語では0からはじまりますので、プロデルのクセがある所の1つだと思います。なぜ1から始まるのかの理由やその利点と欠点をまとめられればと思います。

“プロデルの配列の添字が1から始まる話” の続きを読む
  • 続きを読みたい (0)
  • いいね (1)