プロデルがTrojan等として誤検出される現象について


「ノートン セキュリティ(ノートン アンチウイルス)、や「トレンドマイクロ ウィルスバスター」等が導入された環境では、プロデルをダウンロードもしくはインストール時に、Trojan系のウィルスとして誤検出される現象が、度々発生しています。

これは、プロデルが用意している機能群に、ウィンドウズシステム関連の機能が多く用意されていること、実行可能ファイル生成機能がマルウェアやウィルスと似た挙動であることなどの理由で、トロイの木馬と誤検知されるためです。(この現象は、プロデルデザイナで作成した実行可能ファイルでも発生する場合があります)

また、これらはウィルスパターンの更新によって、突然検出される場合があります。(逆にウィルスパターンの更新によって、検出されなくなる場合もあります)

プロデルを利用する際には、本ドメイン(rdr.utopiat.net)からダウンロードしていることを確認した上でダウンロードしてください。
誤検出される場合には、rdrsetup.exeやproduire.zipを除外設定(ノートンの除外設定/トレンドマイクロの除外設定)してください。

誤検出が長期化する場合などは、誤検出の原因を検討・対応したり、ベンダーに誤検出である旨の申請を出したりしていますが、パターン更新時に再びパターンに合致して再発しています。当方では、その度に対応に苦慮しており、プログラミング言語という性質上、これ以上の対応が難しい状況です。

上記の2つのセキュリティソフトは、特にフリーソフトを基本的に悪意があるソフトウェアと検出して、誇張したメッセージを表示する傾向にありますので、これらのソフトウェアの使用を中止して、Windows標準の「Windows Defender」を利用することをお勧めします。

  • 続きを読みたい (0)
  • いいね (2)

コメントを残す