日本語プログラミング言語「プロデル」とは

「プロデル」はプログラムを日本語で書くことができるプログラミング言語です。

日本語プログラミング言語というと、古くは「Mind」、最近は「なでしこ」や「ひまわり」の方が有名になってしまいましたが、「プロデル」は前バージョンの「TTSneo」を含めて20年、細々と公開と改良を続けています。

プロデルは、オブジェクト指向プログラミングを採用し、自然な日本語文でプログラムを書ける言語仕様となっています。

この記事では、プロデルの特徴を、一通りまとめて紹介します。

Hello, world!

まずはプログラミング言語の入門でよく例として使われるHello, World!です。

「こんにちは!プロデルへようこそ」を表示する

“日本語プログラミング言語「プロデル」とは” の続きを読む

  • いいね (10)
  • 続きを読みたい (30)

CentOS/Apache環境下でプロデルWebサーバを公開する

前回、CGIを使ったプロデルWebアプリの公開方法について紹介しましたが、SELinuxの設定などいくつか煩雑な所があり、もう少し簡単にできないものかと考えてみました。その時のメモです。

今回は、Windows版のプロデルWebサーバをコンソール化したrdrwebserverc.exeと、Apache HTTP Server(以下Apache)のリバースプロキシを使って、プロデルWebサーバを公開する方法をまとめました。

“CentOS/Apache環境下でプロデルWebサーバを公開する” の続きを読む
  • 続きを読みたい (0)
  • いいね (0)

プロデルでネットワーク伝送量ガジェットを作る

今回は、プロデルでパフォーマンス計測ガジェットを作ってみます。プロデルではWMI種類を使ってCPUやメモリ、ネットワークアダプタ(Wi-Fiなど)の通信量が得られます。今回はその中でも、ネットワーク伝送量を測定してその情報をキャンバスを使った折れ線グラフとして表示するツールを作ってみます。

“プロデルでネットワーク伝送量ガジェットを作る” の続きを読む
  • 続きを読みたい (0)
  • いいね (0)

プロデルで書いたプログラムをStuduinoで動かす「プロデルStuduinoトランスレータ」(β版)

Studuinoを動かすためのプログラムをプロデル言語で書ける「プロデルStuduinoトランスレータ」(β版)を公開しました。Studuinoは、小型マイクロコンピュータArduinoの互換機で、ブロックや電子部品と共に学校教育向けのセットとして販売されています。

Arduinoは、Arduino言語と呼ばれるC言語に似たプログラミング言語で動作を書きますが「プロデルStuduinoトランスレータ」を使うことでプロデルの文法で書いたプログラムをArduino言語(Studuino専用のinoファイル)へ変換できます。

“プロデルで書いたプログラムをStuduinoで動かす「プロデルStuduinoトランスレータ」(β版)” の続きを読む
  • いいね (4)
  • 続きを読みたい (6)

プロデルでArduinoとシリアル通信する

今回は、ワンボードマイコンであるArudinoと通信するプログラムを作ってみようと思います。Arudinoは、IoTデバイスとしてRaspberry Piと同じぐらい知名度のあるワンボードマイコンです。

プロデルでは、シリアルポートを利用するための種類が用意されています。プロデルからUSBのシリアルポートを通じて、Arduinoに接続された部品を操作するプログラムを作ってみます。

“プロデルでArduinoとシリアル通信する” の続きを読む
  • いいね (2)
  • 続きを読みたい (6)

PC/SCプラグインを公開しました

スマートカードへアクセスするためのプラグイン「PC/SCプラグイン」を公開しました。Windows7以降標準搭載された機能を利用するため32ビット/64ビットの両環境に対応しています。FeliCaプラグインで対応できなかった64ビット環境でも動作するようになりました。

“PC/SCプラグインを公開しました” の続きを読む
  • 続きを読みたい (2)
  • いいね (2)

プロデルでメッセンジャーアプリを作る(デスクトップアプリ編)

前回のWebアプリ版に続いて、今回はデスクトップアプリ版のメッセンジャーアプリを作ってみましょう。

前回のWebアプリ版では、プロデル簡易WebサーバへWebブラウザを使ってメッセージをやりとりしました。今回は、Webブラウザの代わりにデスクトップアプリでメッセージをやりとりしてみようと思います。

19/5/23加筆: 記事投稿当時から1.6.957までで開発版よりも古いバージョンの簡易Webサーバが配布されており、掲載しているプログラムがそのままでは動作しない状態だったことがわかりました。問題は1.6.958で修正済みです。失礼致しました。

“プロデルでメッセンジャーアプリを作る(デスクトップアプリ編)” の続きを読む
  • いいね (2)
  • 続きを読みたい (3)

プロデルでメッセンジャーアプリを作る(Webアプリ編)

今日は、プロデルWebサーバを使ってメッセンジャーアプリを作ってみます。メッセンジャーアプリとは特定の相手と文章をやりとりするためのソフトです。代表的な物には、LINEのチャットやTwitterのDM、Skypeや、かつてのMSNメッセンジャーなどがあります。

今回と次回の全2回で、メッセージをやりとりするためのWebアプリ(サーバ側)とデスクトップアプリ(クライアント側)の両方をプロデルで作ってみようと思います。

19/5/23加筆: 記事投稿当時から1.6.957までで開発版よりも古いバージョンの簡易Webサーバが配布されており、掲載しているプログラムがそのままでは動作しない状態だったことがわかりました。問題は1.6.958で修正済みです。失礼致しました。

“プロデルでメッセンジャーアプリを作る(Webアプリ編)” の続きを読む
  • いいね (1)
  • 続きを読みたい (2)

Microsoft Barcode Controlを使ってプロデルでQRコードやバーコードを表示する

今日は、Micosoft Accessに付属する「Microsoft Barcode Control」を使って、プロデルでQRコードやバーコードを表示させてみたいと思います。

最新版プロデル 1.6.939以降では、「ActiveX部品」種類を継承することで、ActiveXコントロール(COMオブジェクト)をウィンドウ上に貼り付けることができるようになりました。
「Microsoft Barcode Control」は、ActiveXコントロールのひとつであり、少し工夫することでプロデル上でも部品として利用できます。

“Microsoft Barcode Controlを使ってプロデルでQRコードやバーコードを表示する” の続きを読む
  • いいね (3)
  • 続きを読みたい (9)