プロデルでTwitterにツイートする

プロデルでは、Twitterプラグインを使うことでTwitterと連携したアプリケーションを作ることができます。
Twitterと連携するには、開発者ページにてTwitterアプリ登録を行う必要がありますが、Twitterの通常のアカウントがあれば無料で登録できます。

Twitterプラグインには、TwitterAPIへアクセスできる「Twitterクライアント」種類が用意されています。
プラグインは、次のアドレスからダウンロードできます。
http://rdr.utopiat.net/files/plugins.html

下準備

Twitter開発者サイトでアプリ登録します。
https://apps.twitter.com/

[Create New App]ボタンをクリックして、アプリを登録します。
アプリ名と説明、URLは、必須です。Callback URLは、プロデルプラグインでは使いませんので省略します。

アプリの「Kays and Access Tokens」タブを開くと「Consumer Key (API Key)」と
「Consumer Secret (API Secret)」が確認できます。
この2つのキーを、プロデルのTwitterプラグインで指定します。

OAuthアクセストークンの取得

ツイートを投稿したり、タイムラインを取得したりするには、
ログインするTwitterアカウントで、先ほど登録したアプリを認証します。

認証は、OAuthという方法を使います。OAuthでは、ユーザがアプリを認証するとトークンとトークンシークレットが生成されます。
これを使って、TwitterAPIへアクセスします。
次のプログラムは、OAuth認証してトークンとトークンシークレットをkeys.iniへ書き込むプログラムです。
「認証する」手順でWebブラウザが起動して、アプリ認証のメッセージが表示されます。
作成したアプリであることを確認した上で[認証]すると、PINが表示されます。
このPINをテキストボックスに入力すると、トークンとトークンシークレットが取得できます。

// OAuthアクセストークンの取得 //
「Produire.Web.dll」を利用する

ツイッターというTwitterクライアントを作る
// コンシューマ情報(開発者がアプリケーション単位で取得して設定する)
ツイッターのコンシューマキーは、「XXXXXXXXXXXXX」
ツイッターのコンシューマシークレットは、「XXXXXXXXXXXXXXXX」

アプリ設定という設定ファイルを作る
アプリ設定のファイル名は、「keys.ini」

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
    ウィンドウを継承する

    はじめの手順
        初期化する
    終わり

    初期化する手順
    ーーこの手順は自動生成されたものです。編集しないでください
    この内部領域大きさを{284、196}に変える
    この内容を「Twitterアクセストークンの取得」に変える
    このドラッグドロップを○に変える
    テキスト領域1というテキスト領域を作る
        その移動順を1に変える
        その位置と大きさを{27、50、236、116}に変える
    ボタン1というボタンを作る
        その内容を「アクセストークンを取得する」に変える
        その移動順を2に変える
        その位置と大きさを{63、12、147、23}に変える
終わり

    ボタン1がクリックされた時の手順
        ツイッターで認証して、結果とする
        もし結果が×なら、
            「取得できませんでした」を表示する
            抜ける
        もし終わり
        テキスト領域1の内容は、「PIN:[ツイッターのPIN][改行]トークン:[ツイッターのトークン][改行]トークンシークレット:[ツイッターのトークンシークレット][改行]」
        アプリ設定について「全般」で「トークン」へ、ツイッターのトークンを設定する
        アプリ設定について「全般」で「トークンシークレット」へ、ツイッターのトークンシークレットを設定する
    終わり
終わり

ツイートする

アプリ認証が完了すると、そのTwitterアカウントからツイートできます。
「ツイートする」手順を使います。

Twitterクライアントは、コンシューマキー,コンシューマシークレット,トークン,トークンシークレットの4つを設定する必要があります。
先ほどのOAuth認証でkeys.iniに保存したトークン,トークンシークレットを取得して、Twitterクライアントに設定します。

// Twitterでつぶやく //
「Produire.Web.dll」を利用する
「Produire.File.dll」を利用する
ツイッターというTwitterクライアントを作る

// コンシューマ情報(開発者がアプリケーション単位で取得して設定する)
ツイッターのコンシューマキーは、「XXXXXXXXXXXXX」
ツイッターのコンシューマシークレットは、「XXXXXXXXXXXXXXXX」

// OAuthアクセストークン(ユーザが取得して設定する)
アプリ設定という設定ファイルを作る
アプリ設定のファイル名は、「keys.ini」
もしアプリ設定のファイル名というファイルが存在するなら
    ツイッターのトークンは、(アプリ設定について「全般」から「トークン」を取得したもの)
    ツイッターのトークンシークレットは、(アプリ設定について「全般」から「トークンシークレット」を取得したもの)
そうでなければ
    「アクセストークンを取得してください」を警告アイコンで表示する
    終了する
もし終わり

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
    ウィンドウを継承する

    はじめの手順
        初期化する
    終わり

    初期化する手順
ーー//この手順は自動生成されたものです
ーー//編集しないでください
    この内部領域大きさを{310、211}に変える
    この内容を「プロデルTwitterクライアント」に変える
    このドラッグドロップを○に変える
    ラベル1というラベルを作る
        そのフォントを「MS UI Gothic,14.25」に変える
        その内容を「いまどうしてる?」に変える
        その移動順を3に変える
        その位置と大きさを{12、19、134、19}に変える
        その文字色を「灰」に変える
    テキスト領域1というテキスト領域を作る
        その移動順を1に変える
        その位置と大きさを{12、54、286、116}に変える
        その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
        その最大文字数を140に変える
    ツイートボタンというボタンを作る
        その内容を「ツイート」に変える
        その移動順を2に変える
        その位置と大きさを{223、176、75、23}に変える
        その位置固定方向を「右+下」に変える
終わり

    ツイートボタンがクリックされた時の手順
        ツイートボタンを無効にする
        ツイッターでテキスト領域1の内容をツイートする
        テキスト領域1をすべて消す
        ツイートボタンを有効にする
    終わり
終わり

タイムラインを取得する

ログインしているアカウントのタイムラインを取得するには、「タイムラインを取得する」手順を使います。
結果は、TwitterAPIのJSON形式を、プロデルの辞書形式に変換したものとして現されます。
結果の詳しい意味は、TwitterAPIのドキュメントにあります。
ただ説明が英語ですので、こちらなどの日本語の解説を探して読むとよいかと思います。

// 自分のタイムラインを取得する //
「Produire.Web.dll」を利用する
「Produire.File.dll」を利用する
「Produire.WinControl.dll」を利用する
ツイッターというTwitterクライアントを作る

// コンシューマ情報(開発者がアプリケーション単位で取得して設定する)
ツイッターのコンシューマキーは、「XXXXXXXXXXXXX」
ツイッターのコンシューマシークレットは、「XXXXXXXXXXXXXXXX」

// OAuthアクセストークン(ユーザが取得して設定する)
アプリ設定という設定ファイルを作る
アプリ設定のファイル名は、「keys.ini」
もしアプリ設定のファイル名というファイルが存在するなら
    ツイッターのトークンは、(アプリ設定について「全般」から「トークン」を取得したもの)
    ツイッターのトークンシークレットは、(アプリ設定について「全般」から「トークンシークレット」を取得したもの)
そうでなければ
    「アクセストークンを取得してください」を警告アイコンで表示する
    終了する
もし終わり

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
    ウィンドウを継承する

    はじめの手順
        初期化する
    終わり

    初期化する手順
ーー//この手順は自動生成されたものです
ーー//編集しないでください
    この内部領域大きさを{310、211}に変える
    この内容を「プロデルTwitterクライアント」に変える
    このドラッグドロップを○に変える
    リストビュー1というリストビューを作る
        その表示方法を「詳細」に変える
        その見出し一覧を{「つぶやき」、「名前」}に変える
        その見出し幅を{147、60}に変える
        その移動順を3に変える
        その位置と大きさを{12、12、286、158}に変える
        その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
    ボタン1というボタンを作る
        その内容を「取得」に変える
        その移動順を2に変える
        その位置と大きさを{223、176、75、23}に変える
        その位置固定方向を「右+下」に変える
終わり

    ボタン1がクリックされた時の手順
        引数という辞書を作る
        ツイート一覧は、ツイッターから引数でタイムラインを取得したもの
        ツイート一覧のすべてのツイートについてそれぞれ繰り返す
            リストビュー1にツイートの「text」を追加する
            その詳細を{(ツイートの「user」)の「name」}に変える
        繰り返し終わり
    終わり
終わり

※注意 Twitter APIには利用回数の制限があり、15分間に15回以上タイムラインを取得しようとすると、制限が掛かり取得できなくなります。

タイムラインが取得できると、次のようにフォローしているツイートが表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
プラグインを使ってTwitter APIを利用することで、ツイッターの機能を利用できるようになります。
自分にピッタリなTwitterアプリを、プロデルを使って自分で作ってみるのはいかがでしょうか?

  • いいね (1)
  • 続きを読みたい (1)

コメントを残す